神戸市西区|生保・損保など安心の無料相談、明石市ほど近くのオフィスほけんや。損害保険ジャパンや三井住友海上の取り扱いも。

勧誘方針プライバシーポリシー
神戸市西区|生保・損保など保険のことなら、明石市からもほど近くのオフィスほけんやへ。安心の無料相談もございます。 【フリーダイヤル】 0120-252-889(じこにはやく) 平日 9:00~20:00 / 土曜 9:00~17:00
オフィスほけんやの独り言つ
2020年5.6.7月の記事はこちら

2020年2.3.4月の記事はこちら

2019年11.12月.2020年1月の記事はこちら

2019年8.9.10月の記事はこちら

睡眠不足
2020.09.18
昨夜は充分な睡眠をとれなかったよ
午後10時に寝たら午前1時に目が覚めてしまってね
いつもはね午後10時に寝て午前4時に尿意式目覚まし装置で目覚めるんよね
爽やかに目覚めて、颯爽と放水をし、ウォーキングの準備をするんよね
「そんなに早く寝て、同じベッドの人を起こさないのか」って
嫌だよお兄さん、男もね40を過ぎると一人寝が快適でね
変なことを想像しないでよね。近年はまるで天使のような生活をしているからネ
お兄さんの様に汚れちゃいませんよ
そこから、ひたすら眠ろう眠ろうと努力したよ
眠ろうとすればするほど、目が冴えてね
そうだな、夢の百回も見たかな・・・
「百回は大げさすぎるだろう」って、お兄さんって細かいことに拘るタイプ?
じゃあね、見た夢の数は5回で良いですよ
これ以上は譲れないよ。小生にもプライドがあるからね
何、「5回も夢を見たなら充分に寝ているじゃないかって」
お兄さん、相当理屈っぽいね。女性にモテないでしょう
タイプで言えば、石破茂?それとも、竹田恒泰 ?駄目だよ、理屈を捏ねちゃ
夢は夢でも、星新一のショート ショート
一話の夢が2~3分なの。何を見たかはまた、機会があればお話しするね
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
bra
2020.09.17
友人(♂)の話である
どうやら最近、少し年の離れた女性と交際を始めたらしい
その女性は質素で倹約家で、物もねだらないらしい
そこで友人、ある時に訊いてみたんだって「何か欲しいものは無いの?」
可愛いバックか、ネックレスをねだられることは覚悟をしていたらしいよ
ところが、件の女性がLINEでねだってきたものはブラジャー
しかも写真付きで・・・・
友人は考えた。まさか女性下着の店に一人で入ることは叶うまい
普段から、変質者っぽいその友人。警察へ通報されること必定である
「ネットだ!ネットしかない!」
誰も居ない土曜日に出社、休憩時間に検索することにしたらしいよ
Bカップとしか指示を得てなかったらしいので
「絶対、Cカップと思うけどな」などと独り言つを言いながら探したんだって
彼は、その時初めて知った。胸囲も必要なことを・・・・
半分、パニックになりながらも数点の下着を選び発送依頼をしたのだって
翌週、会社に出て通常業務を熟してビックリ(+_+)
yahooの画面に出る広告はブラジャーとパンティが満載
「会社のパソコンやで!俺の立場はどうなるの?」
男性諸君、わが友から学ぼうではないか!
下着の検索は大けがの元
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
心配しましたが通常料金でした
2020.09.16
久しぶりに三ノ宮の夜を味って来ました。259,200秒ぶりになります
これも、武漢ウィルスの家庭内感染が治まらぬせいです
このまま、家庭内感染が治まらなければ
毎晩、三ノ宮に出なければならぬかと不安になります
当日、軽く食事を済ませ、とあるラウンジへ出掛けました
事前に予約を入れたので、座席は確保できているはずです
何しろ小生、ソーシャデスタンスには人一倍気を使っているのでございます
手がカサカサになるまで、アルコール消毒を行い
使い捨てマスクで顔面のほとんどをガードし、しかも毎日マスクを替える
首からは「Virus Shut Out」なる物をぶら下げているのでございます
予約したラウンジは、その日は定休日でした。・・・が
何と小生の為に、極少数の女性を出勤させてくれたらしいのです
ソーシャデスタンスは充分に取れるのでしょうが
また、店を開けてくれたことへの感謝や感動よりも
勘定が気になって、震えが止みません
暫く飲んでいると、いきなり体温を測りに来られました
正確な体温測定をお願いしようと、ズボンを脱いで肛門を差し出そうとしましたが
おでこで充分と断られてしまいました
でも、飲食の途中で体温を測られ高熱があるとの診断があった場合
この場の、料金はどうなるのでしょうか・・・・不思議です
早く、家庭内感染が治まって家族とゆっくりと夕飯を楽しみたいと思う今日この頃です
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
1,800円の昼寝代金
2020.09.15
先日、兵庫県立舞子公園の明治の洋館で開かれた
JAZZ LIVEに行ってきた。明治の洋館とは言っても
明治製菓の羊羹ではなく、明治時代に建てられた
武藤山治邸の事なのよ。勉強になって良かったね
故、武藤山治氏については今回のLIVEとは関係ないので省略するね
定員は25名。普段は40名を入れるらしいが武漢ウィルスの関係で
ソーシャルディスタンスを取るために客数を減らしたらしいよ
洋館のリビングルームを利用しての事なので
椅子席の前後の間隔はぎっちぎち。横の間隔は30㎝
40名入っていた時はどんなだったろうね
多分、人と人が重なって座るんやろうね
バイオリンとピアノのシンプルな演奏で1時間強
代金はソフトドリンク1杯付で1,800円
曲はMONA LISAやキサス・キサス・キサスのジャズバージョン
歌は無く演奏だけね。演奏が始まると直ぐに眠くなって
拍手の度に目が覚める。また、演奏が始まると眠り
拍手で起きるの繰り返し。観客は25名しかいないので目立ったやろうね
1,800円の昼寝代、ちょっと高いよね
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
マスクが生物じゃなくて良かったよ
2020.09.14
庶民の皆さんお元気ですか
マスクを手放せない生活が続いて久しゅうになりますが
皆さんは、「使い捨て派」でしょうか?「洗濯派」でしょうか?
小生は、間違いなく使い捨て派で御座います
1日に1枚は使い捨てるという豪快でリッチな生活をしております
使い捨て派の皆さんが使用しているマスクは
間違いなく3層構造のマスクだと思いますが
安心、安全のためには金に糸目をつけぬ小生は
この度、庶民の皆さんの垂涎の的である4層構造のマスクを入手しました
マスクのゴム部分も丸ではなく、平たいゴムを採用している優れものです
しかも、1枚1枚が個包装になっていて衛生面まで優れものです
このマスクは、3層構造マスクよりも1枚当たり5円は高いので
庶民の皆さんには高嶺の花でしょう
早速、着用してみました。庶民の皆さんの恨みを買うのも嫌なので
黙って、そっと着用してみました
神戸は連日30℃を超える暑さが続いています
このマスクは、暑い、息がし難いこと甚だしいのであります
街中を歩いていると、顔の熱気で倒れそうになりました
冬まで、そっと置いていようと思います
庶民の皆さんが、マフラーを顔にグルグル巻きにしている時に
このマスクを活用し、走り回りたいと思います
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
傘の数なら負けへんで
2020.09.11
時刻は午前5時、日課のウォーキングの為に玄関を出た
夜の間に雨が降っていたようだ
アスファルトが街灯に照らされ、きらきらと輝いている
夜明け前の神戸の街は清々しい
空には幾つかの星が輝いている
しかし、小生の眼を誤魔化すことは出来ない
風のにおい、空気中の湿度、小生の五感は雨を予想する
「小生を騙そうなんて無駄だよ」と空を見上げ、空に呟く
玄関に置いてある、数多くの傘より、肩掛けケースの付いた
永柄の傘を選択した。どうやらこの傘は新品らしい
柄のボタンを押すと半透明の柄の部分が三色に光る
小生、自分で言うのも何だが新品が良く似合う
新品の傘を持った優男。ゴロも良い
歩き始めて30分程で雨が降ってきた。小生、ニヤリと傘を開く
傘のデザインを見て驚いた。真っ赤な薔薇の図柄ではないか
しかも、女物らしく傘が小さい。明らかに肩がはみ出る
諸君、考えてもみたまえ。夜明け前の大きな公園を
柄に三色のネオンを灯しながら、真っ赤な薔薇の傘を差し
息を切らせて、速足で迫ってくる大きな男を・・・
警察に通報されなくて本当に良かったよ
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
Glasses, come back
2020.09.10
近視である。しかも、乱視でもある
普段はメガネを掛けない。当然、スポーティーな小生には似合わない
メガネを掛けると、どう見ても大病院の外科部長か
名門大学の教授にしか見えない。勿論、他人に言われたことは無い
家ではメガネを掛ける。家族に威厳を示す為でもあるが
コンタクトレンズだと充分な視力が出ないからである
五日ほど前から、その大切なメガネが無い
眼を休ませるためにコンタクトレンズを外すと、ほぼ見えない
な~るほど、見たくないものが多い貴方ならそれも快適かも知れない
しかし、小生は奇麗に掃除の行き届いた部屋や
美しい家族の顔を見るのが生きがいなのである
ここんところは重点的に伝えておきたい
家の中でしか眼鏡を掛けないという事は、必ず家の中にある
メガネをおでこに引き上げたまま忘れているのではないかって?
五日のそれに気付かないレベルの、世界的レベルの虚けではない
では、家族が隠したのか? 大方の家族には愛されていると思う
それ以上の事は、文章に残したくないので何も言えない。言わない
残るは、メガネに足が生えて隠れてしまったかだ
平和のためにその説を採用したい
メガネくん、帰っておいで。決して君を責めないよ
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
優男の夢
2020.09.09
ウォーキングの開始時間を午前6時から、午前5時へと早めた
それにより、起きる時間も4時半ごろになる
手洗い、嗽、着替えを済まさなければならない
しかも、家族のだれにも迷惑にならぬよう、そっと行動しなければならない
なぁに、家族が怖いわけでは無い
単に、小生が優しい男だからだ。今後は優男と呼んで貰っても差し支えない
時間を早めることの良い点は、太陽光を浴びずに済むことだ
何しろ、太陽光と来たらお肌の天敵なのよ。オホホ
おまけに、このシーズンの太陽光は兎に角熱い
人とあまり出会わないことも気持ちがいい
何しろ、早朝散歩で出会うのは爺婆ばかりなのだ
元気な爺婆が多いとはいえ、出来ることなら見たくはない
もし、路上で死んでいたら、ほっとく訳にもいかず
面倒なことこの上ない。流石に5時スタートだと爺婆も少ない
いても、居れば、道を逸れるように意識している
当然、就寝時間は無茶苦茶早い。午後9時に寝ることもある
呑みに行っても、午後の10時は小生の深夜である
眠たくて意識朦朧としている小生を、飲み屋に居る若い女性が
どこかに連れ込んでくれぬかとそれだけが目的で呑みに出る
優男のささやかな夢である
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
神様、仏様、○○奈様
2020.09.08
しかし、飲食店内で喧嘩も出来ない
最近小生、めっきり喧嘩が弱くなり、確実にマジな喧嘩で勝てるのは
小学4年生までだ。しかも、小柄な奴に限る
正面で固まる御仁、ゴルフで鍛えた身体。小6にも勝やもしれぬ
闘えば負けることは自明の理である。妥協案を出した
小生「幸い、店はガラガラだ、ここは頭を下げてお店の若い衆に頼みやしょう」
正面の御仁、ニンマリ笑い何処ぞやに電話を掛ける
御仁「もしもし○○奈、お父さんやけど今良いかな?」
なんと、御仁22歳の我が娘に電話で問い合わせを始めたではないか
電話をスピーカーホンにして二人して真剣に聞く
これだけ真剣にスピーカーに耳を傾けたのは高二の秋以来か
でけた。QRコードがスマホの上に現れたではないか
神様、仏様、○○奈様
どつき合いをせずに済んだ二人は、安価な居酒屋料理に舌鼓を打つのでありました
勿論、一軒だけで帰ったりはしませんよ
なにしろ、二人とも武漢ウィルスの家庭内感染が怖いからね
あっ!彼は単身赴任の為、家庭内感染は怖くないらしいよ
ただね、彼の勤務先も住居も大阪
どうやらそれが怖くて、帰らないらしいけどね
二次会の件はまたの機会にね・・・・
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
ロートル
2020.09.07
酔う前に済ませることは済ませておこう
このことには双方異議がない
要は、スマホで互いに連絡が取れるようにしようと言う魂胆である
小生、さっと読み取り画面を我がスマホに出し相手にかざす
相手も、心得たもので、間髪入れずにスマホをかざす
小生はスマホにはQRコードが燦然と輝いている
相手のスマホにもQRコードがみすぼらしく輝いている
小生「さっ、わたくしめのQRコードを存分に読み取って下さいよ」
相手「いやいや、横田さんこそ思うがままに読み取って下さい」
暫し、見つめ合う目と目。何とこの御仁
QRコードの読み取り方法を知らないのである
小生、照れ隠しに「では、フルフルでやりますか」
フルフルとは互いのスマホを近づけて激しく振り合い情報交換をする技である
小生、意味は知っているが、やり方を知らない
相手「フルフルって何ですか?」と来たもんだ
勝った。方法は知らなくとも名前だけでも知っている小生の勝ちだ
客に向かって思わず口走ってしまった
「大分にロートルですね」見つめあう二人
火花が散る。乾杯もしていない。この先どうなるのか?続きは明日のココロだ!
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
簡単、簡単、歓談はね
2020.09.04
古い、古い付き合いで、友でもある客と歓談をした
商談を兼ねての歓談であることは言うまでもない
無論、武漢ウィルスの家庭内感染が増えている昨今
拙宅にお招きするのは危険が過ぎる
リスクコントロールが出来ていないと世間のお叱りをかうであろう
かような事情で、小生のホームグランド三ノ宮で会うことにした
事前に電話で打ち合わせをする際に、会った時にはLINEを
交換しようと、女子高生の様に固く誓い合った事実も付け加える
お教えするが、LINEの交換には幾つかの方法がある
代表的な物では、フルフルやQRコードの読み取りが有る
フルフルとは互いにスマホを持ち、近距離で互いのスマホを振り合うのだ
スマホ同士をぶつけたり、相手の顔を狙えば反則となる
当日、駅で待ち合わせをし、歓談の場である郷土大衆炉端「金八」へと向かう
店に着いた後は、取り敢えずは乾杯である
乾杯の後は、酔う前にLINEの交換を済ませなければなるまい
小生、自分のスマホにQRコードの出す術を知らない
だが、幸いなことにQRコードを自分のスマホに出す術は知っている
相手は小生よりも若く、元は外資系の大手製薬会社に勤めていた御仁である
しかも、部長職迄務めた御仁であるから、機械操作には何の不安もない
いかん、紙面が尽きた。続きは七日月曜日のココロだ!
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
龍神丸
2020.09.03
武漢ウィルスは家庭内感染が急激に増えてきたと
最近、疲れがお顔に見えてきた、小池百合子東京都知事が言っていた
ヨードの事で失言してしまい、ツー・ストライクを取られた
強打者吉村大阪府知事も言っていた
仕方が無いので、外食を増やしたよ
土佐 わら焼きの言葉に引かれ行った先は神戸ハーバーランド店の前には
耐熱ガラスで覆われた焼き場が有り
店員さんがわらの束でカツオを焼いていた。美味しそうである
小生、ピーンと来たね。此処の料理は絶対に旨いと
店は、2割の入り。隣の客との距離は5m、ソーシャデスタンスは満点
最初に瓶ビールを頼む。サントリーのモルツが登場
小生、ピーンと来たね。此処の料理は期待が出来ないと
サントリーのモルツに恨みはないが、癖が強すぎて料理には合わない
ビールを注文し、待たされること5分
多分、酒屋さんに走って言ったんやろうね
大きなマスクを着けたウェートレスのお姉ちゃん、多分美人なんやろうけど
笑顔ゼロ、BGMは笛や太鼓の音がうるさいこと、うるさいこと
ゆっくりと食事がとれないよ
急ぎ、食事を摂り終えて静かな波止場に逃げ込んだよ
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
万華鏡③
2020.09.02
「人は何故、ゲイ・バーに足を運ぶのか」
ちょっと、このテーマには無理がある
何故ならばゲイ・バーにの足を運ぶ人など
超・超・超 少数者だからである
多分、0.001%も居ない
因ってテーマを変更する
「ゲイ・バー・の効用とは何か」これならば書ける
例えば、人生に疲れた男の一人客の場合
カウンター越しにオッサン同士の会話となり
小数種族のゲイたちが人生に疲れたオッサンの心を癒してくれるだろう
カップルの場合はどうだろう
連れ合いの渋い男にカウンターレディが色目を使うこともなく
渋い男は、ゲイのオッサンに一瞥もくれることは無く安心であろう
連れ合いの若い女性はどうであろう
基本的には、ゲイは女に興味がない
連れ合いの渋い男は心底安心できるであろう
自分の性別に疑問を持つ、若い男はどうであろう
仲間に出合えて良かったね。自由気ままにふるまい給え
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
万華鏡②
2020.09.01
丁度その時、飲み屋の呼び込みの兄ちゃんの姿が目に入った
ツカツカツカと、呼び込みの兄ちゃんに歩み寄る小生
兄ちゃんと目が合う。兄ちゃん満面の笑み
小生「なぁ、どっかこの辺におかまの店は無い?」
兄ちゃんの顔から笑みが消え、少し引きつり気味の顔になる
兄ちゃん「前のビルに万華鏡って言う、おかまの店がありますよ」
兄ちゃん落胆しながらも、おかまの店のエレベータ前まで連れて行ってくれる
ホンマにエエ兄ちゃんや! 思いっきりお礼を言う
エレベータでビルの3階に上がる
「万華鏡」あった。ドアを開ける。妖怪が3匹こちらを見つめる
元へ、ドアを開けると、おかまが3人我々を見つめる
一人はスカート姿ながらどう見ても、お・と・こ
一人は美人じゃないが、どう見ても、お・ん・な
もう一人は、中途半端な雌雄同体的な生物
まるで、万華鏡。眩暈がする
オーナーはさくら。どう見ても、お・と・こ
さくらというよりも桜にたかる毛虫というところか
明日は、人は何故ゲイバーに足を運ぶのかについて考察しよう
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
万華鏡①
2020.08.31
やむを得ぬ事情でゲイバーに足を運んだ
武漢ウィルス全盛の時にという批判は敢えて受けよう
何しろ、やむを得ぬ事情であるからして仕方あるまい
どうしても会わねばならぬお方がいて
大切な会談を済ませた後、喉を潤そうという事になった
過去、数回足を運んだことのあるゲイバーを尋ねたが
転居したらしく閉まっていた
さて、どうしたものかと三宮の繁華街をプラプラと山側へとそぞろ歩き
ここで、神戸市民以外の方に教えておく
神戸では、北を「山側」南を「海側」と呼ぶ
山は六甲連山を指し、海は神戸港を指す。覚えておきたまえ
繁華街と言っても、武漢ウィルスの今、人出は疎らである
疎らであるからして、感染リスクは少ない
今は、家庭内感染が主流であるからして
家庭で過ごす時間を出来るだけ短くするのが正しい
こんなことは、小学生でもわかることである
それにしても、新規のゲイバーを捜すことは難しい
解らぬ時は人に聞け!これは、鉄則である
さて、誰に聞いたか?どうなったのか?
結果は、明日のココロだ!
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
船頭さん
2020.08.28
毎朝の日課で5kmの距離を、時速5.5kmの速度で歩く
時速5.5kmの速度は速い。かなり早い。嘘だと思うなら試してみるが良い
この時ばかりは颯爽と歩くと言っても過言ではない
午前5時から歩くので辺りは薄暗い
歩く際の友は、トランジスタ・ラジヲである
今朝、どこぞの少年少女合唱団の歌で
「船頭さん」を流していた。歌詞を抜粋してみよう
♪村の渡しの 船頭さんは 今年六十の お爺さん♪
♫年はとっても お船をこぐ時は元気いっぱい 櫓がしなる♫
♪ソレ ギッチラギッチラ ギッチラコ♫
ここで問題にしたいのは「今年60のお爺さん」と云う歌詞である
今年60歳という事は、現在59歳
59歳の男性を捕まえて、お爺さんとは、何たるチィーア、サンタルチィーア
1941年の歌とはいえ、許して良いものなのか
50台でお爺さんの表記は放送コードに引っかからないのか
小生も、若干表記の年来とは近いが
毎朝、颯爽と速足で歩いている。若いお姉さんがお酒を注ぐ店も大好きだ
若いお姉さんそのものも好きだ
50台からの諸君! 立ち上がろうではありませんか
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
天神橋筋商店街
2020.08.27
約束の時間を守る、これは営業マンの基本である
道路の渋滞、鉄道の遅延を考慮に入れ客先へと向かった我ら二人
渋滞も無けりゃ遅延もなく、乗り継ぎも極めてスムースに行ったお陰で
約束の1時間前に客先へと着いてしまった
1時間も何処で過ごそうと悩んでいる時に、訪問予定先からの電話
速く来て欲しいとの知らせか!!
慌てて電話に出る。「すみませんが30分遅らせて貰えませんか」との事
Σ(゚д゚lll)ガーン 協議の結果、万里の長城にも匹敵するという
天神橋筋商店街を探検することにした
天神橋筋商店街は雑多な店が多く、まるでおもちゃ箱をひっくり返したよう
洗練の「洗」の字もない光景に、我々の姿が浮くこと、浮くこと
当に、掃き溜めに鶴、鶏群(けいぐん)の一鶴、珠玉の瓦礫に在るが如し
須磨海岸に天女。天神橋筋商店街にたむろする大阪庶民の皆さんが
ひざまずいて拝みだすのではないかと冷や冷やした
仕事時間には遅れずに顧客先に訪問
商店街で毒気を抜かれた我ら二人、仕事の出来は50点というところか・・・
宜なるかな。むべなるかな
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
大阪
2020.08.26
先週に引き続き、今日の午後より大阪へ向かう
何しろ、花の都大阪は、今や武漢ウィルスの都と化している
ちょっと怖い。しかも、女性のブス比率が神戸に比べると
圧倒的に多い。これは日本獣医師会の調べである
友達の獣医は泥酔した時に反吐を吐きながら確かに言っていた
その意見には確かに小生も同意する
神戸の街を歩いた後に、大阪の天下茶屋を歩くと眩暈を覚える
「目的地に無事に着けるのか?」ご心配を頂きありがとう
この度は、会社を出てからずっと本森(仮名)社員と一緒なので心配ご無用
二度も、武漢ウィルスなんかにゃ騙されませんぜ
行先は、天満。大阪で一番長い商店街のある街だ
世界的には「万里の長城」か「天満の商店街」かと云われているらしい
大事な仕事なので、決死の覚悟で大阪へ向かう
武漢ウィルスは大阪に居る間中、息を止めるので大丈夫としても
大阪のブス女どもが、付いてこないか否かだ
片っ端から手刀で気絶をさせる訳には行くまい
あっ、そうだ同行する本森社員は♀だ。これは友達の獣医が言っていたので
間違いなかろうと思う。という事は大阪のブス女達も寄って来まい
ワッハッハッ
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
武漢ウィルスについての新たな考察⑥
2020.08.25
家族への抱擁、挨拶もそこそこに急ぎ会社へと向かう
否、明石郵便局本局へと向かう
いつもは混んでいる郵便局附属の駐車場も空いている
空いているというよりも、一台の車も無い
「ヤッター、ヤッター、ヤッターマン」と叫びながら
颯爽と、明石郵便局本局入口へと向かう
何としたことか・・・・自動ドアが開かない
ジャンプをしてみるが、ビクともしない
ガラスドアを手でこじ開けようとしたが無理だった
恐る恐る腕時計を見る。時刻は午前7時25分
「えっ!」どうやら、武漢ウィルスの影響で
自宅を1時間早く家を出てしまったようだ
電車ホームの間違いと言い、出社時間の間違いと言い
実に武漢ウィルスは恐ろしい
「お前が駅のホームを間違えたり、時間を間違えることが
 武漢ウィルスとどのような関係があるのか」って!
素人がこんな場面で言い争っても埒が明くまい
学者の先生方にお任せしようではないか
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
武漢ウィルスについての新たな考察⑤
2020.08.24
流石にしぶとい「武漢ウィルス」週を跨いでしまった
さて、毎朝の日課として外が未だ暗い内に起き
徘徊を始める。徘徊ではなくウォーキングを始める
何故、外が暗い内に起きるのか?
答えは簡単。日焼けが嫌だからにほかならない
紫外線はお肌の天敵なのだ
夜明け前から歩き始め、直射日光が小生のお肌を焼く前に自宅に戻る
これが小生の日課なのだ
歩くコースの詳細は教えることは出来ない
待ち伏せをされ恋文でも渡された日にゃ家庭争議の元となる
抱き着いて来る、若くて綺麗な女も居るやも知れぬ
クワバラ、クワバラ、桑原和男
さて、先日ウォーキング、入浴、朝食を終えると出社時間が迫っているじゃないか
慌てて自宅を飛び出し、一路会社へと向かう
実は小生、毎朝、郵便局の私書箱を覗くという重大な使命を帯びている
女湯を覗けば犯罪であるが、私書箱は覗き放題なのだ
私書箱を覗いた後に、女性の従業員を迎えに行くという密命も帯びている
郵便局が開錠されるのが午前8時。毎朝、午前8時25分に郵便局に着き
8時35分に女性従業員を迎えに行く
その日に果たして何が起こったのか?続きは明日のココロだ!
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
武漢ウィルスについての新たな考察④
2020.08.21
もう一つの実例とは何か?
先ずは、面倒だが小生の最近の朝の日課を話さねばならない
毎朝、4時半から4時45分の間に目覚める
5時になれば目覚まし時計が鳴るので、それまでに起き
5時に鳴る目覚まし時計を停めねばなるまい
家族思いの小生の事、家族の誰にも迷惑を掛けずに朝の支度をする
そっと、ベッドから忍び出(夜這いと逆の手順を思い浮かべて貰いたい)
廊下に出る。そして、一路トイレに向かう訳だ
トイレでは、小用を済ませ・・・商用ではない
トイレで商用を済ませるのはアンジャッシュの渡部 建だけである
件の商用は1万円だけの少額取引のようであるが
小生の小用は、放出し放題の無料である
小用を終えた後に、洗面台で丁寧に嗽をする
嗽と書いてうがいと読む。そう、かの文豪夏目漱石の「そう」の部分だ
因みに漱石の意味は、漱石枕流から来ているらしい。正しくは「枕石漱水」なのだが・・・
『中国が晋の時代の孫楚(そんそ)という人が「枕石漱水」を間違って「漱石枕流」と言ったらしいよ
友人に「もう隠居したいんだ」という気持ちを伝えるために、この詩を使って話をしたら』
友人は「おいおい、石で口をすすいで川の流れを枕にするだなんてどんな隠居生活だよ」と
負けず嫌いな孫楚は「石で口をそそぐのは、歯を磨くため
川の流れを枕にするのは水で耳の中を洗うためだよ」と言ったんだって
現場に居たわけじゃないので真意のほどは補償しないけどね
要は、「漱石」の意味は頑固者ってことやね
このブログって、芸能ニュースから中国古典迄、本当に勉強になるね
予定の行数を大幅にオーバーしてしまった。続きは明日のココロだ!
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
武漢ウィルスについての新たな考察③
2020.08.20
話を本題に進めよう
ホームへの階段を上る途中で、同行者の本森(仮名)社員から
小生のガラケーに電話が掛かってきた
本森「社長、どこにいらっしゃるのですか。もう、電車が着きましたよ」
本音「このエロ社長、何処におんねん。早よ来んかえ!」
小生「大丈夫よ。後、残す階段も5段やからねぇ」
ホームに駆け上ると、そこに停まっているのは姫路行きの新快速
小生が乗りたいのは大阪方面行の新快速
小生、慌てて本森に電話を掛ける
「武漢ウィルスの為に、上りホームと下りホームを間違えてしもた。どないしょ」
もちろん、次の電車に乗れば良いので、ゆっくりと正しいホームに来てください
と言う思いやりに溢れた優しい言葉を期待した
本森「先に、この電車で大阪に向かうので、次の電車で追い掛けて来て下さい」
本音「このアホ社長、武漢ウィルスのお陰で一人で行けてせいせいするわ」
次に来た快速電車に乗車し、大阪へ向かったが、遅刻をしたことは間違いない
もちろん、一刻も早く追いつくため、電車の中を歩き回ったことも間違いない
この事件と武漢ウィルスの関係性については
もう一つの事件の紹介と共にお伝えしよう
紙面が尽きた。詳しくは明日のココロだ!
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
武漢ウィルスについての新たな考察②
2020.08.19
本森女史(仮名)とはJR三ノ宮駅ホームで待ち合わせをすることにした
互いに超多忙なビジネスマン
会社からお手々を繋いで商談先に向かう余裕はない
詳細な時間の打ち合わせを秒速で終え解散
後は、約束の時間に約束の場所に向かうのみ
予定通りにJR三ノ宮駅に着きホームに上がろうと思ったが
「そうそう、商用前の小用を府県を跨がず済ませておかねばなるまい」
トイレに入り、宝物を宝物庫に収め手を洗う
いつもは、約3秒の時間で手洗いを終えるが
武漢ウィルスの時代。丁寧に洗う、手首も洗う
♪汽車汽車シュッポシュッポシュッポシュッポシュッポッポ(^^♪
♪僕らを乗せてシュッポシュッポシュッポシュッポシュッポッポ(^^♪
♬速いぞ速いぞ窓の外、畑も飛ぶ飛ぶ家も飛ぶ(以下略)を
心の中で2回繰り返すまで洗い続ける
流石にいい年をしたおっさんが、♪汽車汽車シュッポシュッポと
声に出して歌いながら手を洗うのは拙いだろう
大阪に行く前に、病院に連れて行かれてしまうかも知れない
♪汽車汽車シュッポシュッポと書いている間に紙面が尽きた
続きは、明日のココロだ!
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
武漢ウィルスについての新たな考察①
2020.08.18
新型コロナウィルス(我々は武漢ウィルスと呼んでいる)の影響について話をしよう
勿論、小生を含め誰も当社の職員は誰一人感染はしていない
では何故、何に影響が? 慌てるのではない
今からそのことについてお話をして進ぜようと言うのだ
昨日は商用の為、大阪へ向かった
商用であって小用では無いのでそこんとこは誤解せぬように
わざわざ、他府県迄、小便を排出せねばならぬ程小生の小便は汚損されてはいない
話を元に戻そう。どうも小生は大小便の話や
下ネタになると横道に逸れる傾向がある。反省せねばなるまい
大阪での商用は大切な案件であったため、弊社の記憶装置でもある
本森女史(仮名)を同行させた
何しろ最近、小生はトイレに入って尻を拭いたか否かも忘れるほどの
貧弱な記憶装置しか持っていないのだ
先日などは、歯磨きの途中、右側の歯を磨いたかどうか忘れてしまい
一からやり直し、歯磨きを終えるのに10分も掛かってしまった。そういう漢だ
「漢」書いて「男」と読む。本宮ひろしファンなら常識だ
諸君も覚えておきたまえ。本題の入る前に紙面が尽きた
続きは明日のココロだ!
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
夢か現か・・・
2020.08.17
お盆も終わったね
当社は零細企業だから、お盆休みは四日しかなかったよ
何をしたかって・・・
そりゃ、色んなことが出来たよ
一番、したかったことは旅行
例年、軽井沢の別荘に行く夢を見るのだけれど
夢の中では、道がわかんなくってね
辿り着いたことが無いんよね
今年の盆には、浜松に行って40度の猛暑を体験しようと思ったのだけれどね
世間は武漢ウィルス一色で、世間の厳しい目があるからね
数多くのデートも断り、数少ない友との酒席も断り
今年は、自宅でずっ~~~酒を煽っていたよ
家人が良く許してくれたなって?
大丈夫!おまる持参で自分の部屋に籠もっていたからね
だからね。有意義だったよ
ず~っと、夢か現か分からぬ世界に居たからね
さて、今日から仕事。暫く、酒を抜いて頑張るぞ!
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
「環境問題」
2020.08.12
夕方になった、「罠」を引き上げに公園へと走る
期待と不安で大きな胸は弾けそうになる
当然のことながら付け加えておこう。小生胸は大きいがおっぱいは小さい
長い足でガードレールを跨ぐのに四苦八苦はしたが
何とか、「罠」を括りつけた紐に辿り着いた
無心に「罠」を引き上げる。結果はハゼは0匹、スジエビも0匹
代わって、少し大きめのティラピアが1匹に
中ぐらいのティラピアが1匹。ティラピアの幼魚が2匹
何ということが、この池には外来種の🐡魚しかいないのか・・・
意外なところで、環境問題に突き当たった
何とかせねばならぬ。しかし、このティラピアと云う魚
和名はイズミ鯛と言って、頗る美味しいのだ
煮ても焼いても、刺身も美味い
いっそのこと、この池をティラピアの養殖池にするのはどうであろう
もちろん、在来種の皆さんにはお引越しをして貰う
暫く、この4匹を育ててみようと思う
最初は観賞魚として、ゆくゆくは・・・( ^ω^)・・・
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。

2020.08.11
「罠」って書くと、危険な匂いがプンプンと匂うよね
一般の男性の脳裏には、ミニスカートを穿いたスラリと足の長い
ロングヘア―の女性が浮かぶんじゃないかな
ところがね、今回の「罠」は本物の「罠」
私的な話になり恐縮なのだが、我が家のリビングには
泥鰌(ドジョウ)とイモリが共生している水槽がある
餌の時間になると、泥鰌が暴れ水が濁って汚いのだ
この度、水槽の掃除をしようと思った
その際、暴れ者の泥鰌共を、屋外にある金魚の水槽に移すことにした
だが、おっとり屋さんのイモリだけでは些か寂しい
そこで、近所の公園の大きな池に罠を仕掛けることにした
目的はスジエビと、ハゼの確保
餌は、お米の団子に赤虫と金魚の餌を練りこんだもの
早朝に仕掛け、夕方に引き上げる
危険な匂いがしない「罠」。でもワクワク感は半端ない
結果は、どうであったか・・・諸君! 明日を待て
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
傍に寄るな!
2020.08.07
神戸市バスに乗車しました

なぜ、自働車じゃないのかって?
食事に出かけるのですよア~タ
何だったら、兵庫県警に通報してもいいんだよ
ア~タのその危険思想をね
ア~タは外食の際にお酒が無くても平気なのですかア~タ!
まぁ、今日の本題はそれじゃないので話を元に戻すとしましょう
バスの乗客の入りは6割ってところでした
という事は、全ての乗客が座席に座っても余裕のよっちゃんであると言える
ところがだ、ところが、某停留所で乗ってきた短パン姿の若い男
小生の座席の真横に立つではないか・・・
小生の眼に映るは、剥き出しの毛むくじゃらの股
汚いだけではなく、今や武漢ウィルス絶賛活躍中の世の中
例えマスクをしているとはいえ、トータル何たるを守るべきではないか!
終点に着く迄、小生の横に立ち続ける若い男
短い時間に頭の中で、3回ほど処刑してやった
若くて綺麗な女性だったらどうかって???
小生、差別主義者ではない。もちろん、御膝の上に座らせてあげるよ
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
回らない寿司だが目が回った
2020.08.06
回らない寿司だが、年季の入った職人が握る寿司ではない
そんな店にふらっと入った
回らない寿司だが、有名なチェーン店だった
回る寿司より高いが、本格的な職人が握る寿司よりもグーンと安いそんな店
店の解説はこのぐらいにしておこう
我らが入った店は、従業員二人、カウンター席6席の小さな店であった
従業員の二人はおばあちゃん
正真正銘のおばあちゃん。ジジイの小生の亡母ぐらい
食事時間を外したせいか、既存の客はゼロ
注文すると、早速に作ってくれたが(米は機械から出てくるので握らない)
しわくちゃの手で製造される寿司には一個、一個哀愁が漂う
哀愁だけならよいが、若干、死臭が漂う
マグロの死臭で合ってくれと心より願った
せめて、漂うのは出来れば、詩集。無理なら、刺繍に漂ってもらいたかった
小生、寿司は婆じゃなく、若いお姉ちゃんじゃなく
中年の男に握って欲しい
中年の男に握って欲しいと強く思った
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
横着者
2020.08.05
我が家にはロボット掃除機が2台ある
これだけ見ても、かなりブルジョワジーであることは認めざるを得ない
良いかね、プロレタリア―トの諸君
やはり、我が家という表現を改め「当家」と云う表現にしよう
当家にはロボット掃除機が2台ある
一階には、ルンバ。二階にはルーロである
最近なんだか、二階の部屋が汚い。と云うか、充分に掃除が行き届いていない
昨日、時間に余裕があったので、二階のルーロの掃除ぶりを拝見することにした
スイッチを入れると「御主人様、喜んで!」とばかりに出発音を鳴らし
丁寧に掃除を始める。おんなじ所を繰り返し、繰り返し
「そこまで丁寧に掃除をするのか?」と感心するほど徹底的にする
そして、半径2mほどの範囲を磨き上げると
ルーロは「どうでぃ」とばかりに意気揚々と自分の巣に帰るではないか
という事は、当家のルーロは半径2mの範疇しか掃除をしていなかった訳だ
思わず叫んだよ「この、横着者め!」
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
シリコンインナーマスク
2020.08.04
インナーマスクたるものがある
陰なマスクではない。勿論、陽気なマスクでもない
inner mask について語りたい
innerは下着の事ではないかって!
諸君! そこから思考を切り離し賜え
武漢ウィルス感染防止の一翼を担う、使い捨てマスク
そのマスクの、内側に入れて使うシリコン製のガードルのようなものである
えっ! 結局、下着のようなものではないかって
そこのとこはサラリと流そう
で、シリコン製のインナーマスクを購入、使用してみた
多少、重量は増えたものの、装着感は良い
何しろ、マスクに口紅が付かなくなった
鼻とマスクの間に空間が出来、息もし易い
何より、、マスクの寿命が延びた
使い捨てマスクながら、消毒をすれば3日は使える
世間からはドケチと呼ばれている(自分では倹約家だと思っている)身としては
無上の喜びである
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
本日「ほけんやニュース」発送作業日
2020.08.03
今日はね「ほけんやニュース」の発送作業日
朝から、夕方までひたすら作業に追われる日
このブログに使う力を10とすると
「ほけんやニュース」に使う力は120
つまり、12倍も力を入れて作成しちゃっているってこと
だから、中身七転八倒も抱腹絶倒、空前絶後、雲外蒼天、七転八起、な訳
どうしたら、其の素晴らしい「ほけんやニュース」の読者になれるのかって・・・
残念ながら「ほけんやニュース」は非売品なんよね
読者になれるチャンスは次の通り
諸君がどこぞの代理店でお入りになっている
火災保険や自動車保険を当社にお任せ頂くだけで
簡単なことやね。たったそれだけの事で
七転八倒も抱腹絶倒、空前絶後、雲外蒼天、七転八起、なニュースが無料で
あなたのお手元に届くんよね
ぼかぁ、何が何でも「ほけんやニュース」の読者になるなぁ
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。