神戸市西区|生保・損保など安心の無料相談、明石市ほど近くのオフィスほけんや。損害保険ジャパン日本興亜や三井住友海上の取り扱いも。

勧誘方針プライバシーポリシー
神戸市西区|生保・損保など保険のことなら、明石市からもほど近くのオフィスほけんやへ。安心の無料相談もございます。 【フリーダイヤル】 0120-252-889(じこにはやく) 平日 9:00~20:00 / 土曜 9:00~17:00
オフィスほけんやの独り言つ
2019年5月~最新記事はこちら

2019年2.3.4月の記事はこちら

2018年11.12.2019年.1月の記事はこちら

2018年8.9.10の記事はこちら

2018年5.6.7の記事はこちら

2018年2.3.4の記事はこちら

2017年11.12.2018年1月の記事はこちら

2017年8.9.10月の記事はこちら

2017年5.6.7月の記事はこちら

池の亀も鯉も鴨達も皆~んなシャイ
2019.06.19
6月も後半になると暑い
朝のウォーキングも蒸し暑く、爽やかさの欠片もない
知っている人は知っていると思うし、知らない人は知らないと思うが
毎週、一万歩超を目標にウォーキングを続けている
ウォーキングコースは、お隣の市、明石市の水がめ「野々池」
一周2.6kmをヨタヨタと歩いている
もう、1年は続いていると思う。体重も二桁を維持できている
気候の良い時は5月は多くの人が歩いていたが
ここ数日、不快指数が上がると共に、バッタリと人と出合わなくなった
小生にとって、それは願ったり叶ったりな出来事である
何しろ小生はシャイである。シャイとは英語でshyと書く
意味は、内気で恥ずかしがり屋と理解して頂きたい
イメージでお伝えするならば
陰湿な空気の中を、目深にフードをかぶりナイフを振り回して歩く男
そのようにシャイな小生は、誰もいなくなったウォーキングコースは
蒸し暑くたって快適である
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
GODZILLA キング・オブ・モンスターズ
2019.06.18
ハリウッドが作った超・大規模予算の駄作「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」を観てきました
この日はOSの日とのことで、大人の料金が何と1,100円
映画館内は満席に近く、小生が席を獲れたのは前列右端の前から2列目
「安物買いの銭失い」とは、このことをさすのでしょうな
館内はエアコンが効き過ぎ、映画が佳境に入る頃には
熱気より、強烈な冷気で震える始末
オマケに足の疲れを癒す為、脱いでいた靴の片方が前席と階段の隙間に落ちてしまい
キンキンに冷えた館内で、キンキンに冷えた座席下のコンクリートに
右足を置かねばならず、足からキンキン、頭からは冷風でキンキン
まるで、耐寒訓練をしている有様でした
上映時間2時間12分を観終る頃には、首が左斜め45度に固定され偉い目に遭いました
映画の内容は、今一つと云うか今二つ
中学生が書いたような脚本で、ハチャメチャな内容で思わず失笑してしまいました
ゴジラにエネルギーを注入するために、核兵器を使用したり・・・
キングコングが、出てきたはずなのに、いつの間にか退場していたり
ミサイル攻撃が何のダメージも与えることが出来ぬのに
攻撃に行って皆、墜落させられたり…
最後には、キングギドラに勝利したゴジラに怪獣たちが一礼をして元の場所に帰ると云う
とんでもない、内容の映画でございました
この日程、特撮の無い映画を懐かしく恋しく思った日はありませんでした
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
割が合わんのよ!
2019.06.17

断酒日も多いが、呑むときには呑む
そういうタァ~イプじゃない?小生って・・・
知らねぇだろうなぁ~。だぁれも
誰も知らなくとも、そういうタァ~イプなのだ
お店で呑むのも確かに好きだが、家で呑むのが好きである
キャンドルを灯し、好きな音楽を掛け静かにグラスを傾ける
至高のひと時がここにある。例え家族が誰も近寄って来ないとしてもだ
お店で呑むことが家呑みより劣っていることを幾つかあげよう
一つ:酒の種類が自宅の方が圧倒的に多い
一つ:値段が圧倒的に安い
一つ:煙草の煙を吸わずに済む
酒の種類や値段はさておき、煙草の煙は絶対なのである
小生、煙草の煙が大・大・大・大嫌いなのである
これだけは、どうしようもないぐらい嫌いなのである
どんな美女であっても煙草を吸っているだけで、魅力はゼロ
なのに、何故、高いお金を払ってまで煙草の煙を浴びねばならぬのか・・・・
勘弁して欲しい。殆どの飲み屋は煙草を吸い放題
お陰様で、飲み屋さんへの誘惑が日々弱まってきた今日この頃
祝着である
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
モテ期
2019.06.14
一昨年ほど前から、小生の居住する地域にイソヒヨドリが定住した
小生の居住地は海岸からは遠く離れた場所にあるので
主に海岸近くで生息するイソヒヨドリが定住することは珍しい
オスの姿はコバルト色と赤茶がコントラストをなし実に美しい
珍しいことに、この鳥は♂♀共に囀(さえず)る
実に美しい声で囀る。最近の楽しみの一つになっている
イソヒヨドリが定住してから、あの、けたたましく鳴く
ヒヨドリの姿が見えなくなった。これはこれで可である
最近、小生の寝室に隣接したベランダにイソヒヨドリのメスが
毎夕の様に地鳴きで語りかけてくる
近づいても逃げない。手の届くところで一生懸命語りかけてくる
この♀のイソヒヨドリ、恐らく番(つがい)である
浮気願望でもあるのだろうか・・・
所詮、人間と小鳥。叶わぬ恋である
小生、モテ期到来。毎夕、モテ期を堪能している
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
物には順序がある
2019.06.13
芦屋の住人は30分遅れでやってきた
最初の言葉が「明石って遠いね」だと・・・・
明石城の堀に沈めることも考えたが、先ずは一杯飲んでから考えることにする
最初に行ったのが「あかし多幸」明石焼きと炭火穴子のセットに瓶ビール
ここではチケットを2枚取られた。冷えたビールはホンマに美味い
特に、待たされた怒りで血が頭の登っているときのビールは尚更である
次に行こう、インドネパール料理の店「DEEP MAHAL」で特大ナンと
激辛カレーを頼んだ。飲み物はラッシーである
インド料理店でインド人が経営している店はほとんど無い
少なくとも、関西にはほとんど無い
皆が皆、ネパール人である。この店も例外では無く
スタッフ全員がネパール人である
辛い物の後は、甘みという事になった。甘味公房「来倭多」へ突入
此処のセットは『超・お得』絶対にお得!
惜しむらくは、小生、甘いものが苦手・・・・
その後、余ったチケットを消化すべく「すし道場」へ
甘いものを食べた後の寿司と日本酒。普通でも美味しい訳がないのに
多分、大量に作って冷蔵庫で保管していたのであろう、パサパサの寿司
ワサビも入っていない、寿司らしきもの・・・生涯、この店にはいかない
先代の社長は良く知っていた方だけに残念至極
粉もん➡辛いもん➡甘いもん➡不味いもん
せめて、不味いもん➡粉もん➡辛いもん➡甘いもんの順にすれば良かった
物には順序がある。料理には手順がある
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
明石まちなかバル
2019.06.12
6月7日(金)・8日(土)に開催された「明石まちなかバル」について書いて置こう
7日(金)は、週末の仕事に忙殺され、経営者とし、否、一営業マンとして
そのような催事に一瞬でも心を惹かれる余裕は無い
8日の土曜日、小生の休日に誰に憚ることなく堂々と足を運んだ
先ずは、「明石まちなかバル」とは何か? について触れずばなるまい
案内には『バル参加の飲食店で自慢の一品と一杯を飲み歩く』と書いてある
嘘の多い、下手な説明ではあるが、補足は要るまい
何が嘘か? 逸品で無いものも多いし、一杯がついていない店もある
しかし、16回を数える地方都市のローカルな催事としては、これも一興 
一人で行っても良かったのだが、独りと受け取られることが嫌で
芦屋に住む友人を招待した
独りと云う言葉には、「偏屈」「引き籠り」「変態」と云うイメージが付きまとい
間違っても「孤高」などのイメージはゼロである
小生「偏屈」は認めることに吝かではないが、絶対に「引き籠り」ではない
当然「変態」でも無いと、小さな声で呟きたい
明石駅での待ち合わせは13時30分
芦屋に住む友人は姿を現さぬ。この先どうなるのか・・・
続きは明日のココロだ!
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
鰻を食べに行ってきた!②
2019.06.11
昨日の続きを話そう
何しろ「鰻」を食べたのであるから
最低、2回分のブログには使わせて頂きたい
予約の時間は13時。間もなく13時30分になろうとしている
慌てて、青葉に電話を入れて詫びる
「良いですよ。今日は混んでいないので、ゆっくりとお越しください」
優しい言葉である。隣に居るスナックのママより100倍は優しい
思わず、涙が頬を伝う。最近、涙もろくなった歳だろうか・・・・
予約時間を30分ほど過ぎて店に到着
昼間ッパラからアルコールには抵抗があるが、暑さには勝てぬビー ルを頼んだ
小生は「うな重」スナックのママは、メニューに無い「うざく」を頼んだ
オマケに、ヒラメの造りも頼んだ
焼くまでの間はお漬物でビールを飲んだが
うな重が出てきた瞬間に「冷酒」と言う言葉が、頭の中を駆け巡った
「そうだ、冷酒を頼んでやらなきゃ鰻が成仏すまい」
「冷酒をお願いしま~す」
横でスナックのママが「ヒラメの造りをもう一皿お願いしま~す」と
声を合わせてぬかしやがった。地獄へ落ちやがれ
小宴会は一時間で終了。スナックのママは「歯医者の予約があるからバイバ~イ」やて
会社に戻 ると「猿の様に顔が赤い」だの「茹でだこの様に赤い」だの
悪口の一斉射撃を浴びる。猿って言われると腹立たしいが
小生の名前がヨコタだけに「タコヨ」は当たっているかもね
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
鰻を食べに行ってきた!①
2019.06.10
三十路も終盤の、スナックの美人ママに口説き落とされ・・・
口説き落とされと言っても、身体を狙われたわけでも、心を狙われたわけでもない
分かりやすく述べるなら『財布』を狙われたのであろう
『財布』と言っても、比較的軽い『財布』である
因って、浮気と言うような艶っぽい話ではない
悔しいが、手さえ握らせてはもらえない。理不尽である
元町の銘店「青葉」に行くことにする
三ノ宮にも兄弟店はあるが、元町の「青葉」の方が心持ち鰻に噛み応えがある
スナックのママと元町駅で待ち合わせをする
もちろん、 お昼にである。鰻を馳走した上にスナックにまで引っ張り込まれた日にゃ
天国に居る両親に見せる顔が無い
彼女の住むマンションは元町駅近くにある。要は、自宅近くに財布を呼び
豪勢な昼飯を食べようとする魂胆である
元町の「青葉」は駅の西にある。小生はママと連れ立って東へ進む
小生の挙動が不審であったのであろう。ネットで調べられてしまう
念の為「方向音痴の男をどう思う?」と尋ねてみた
スナックのママ「かなり嫌いな部類やね!」やて・・・・
店に着くまでは、まだまだ時間が掛かる・・・続きは明日のココロだ!
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
もしもピアノが弾けたなら
2019.06.07
朝のウォーキングの友はラジヲだ
何しろ、自宅にも会社にもテレビの受信装置の無い小生
ラジヲだけが、残された左耳の友である
知っている人は知っていると思うが、小生、右耳が聞こえない
聴こえないばかりか、起きている間中、右耳の中でセミが鳴いている
種類は、多分アブラゼミだ!
で、今朝もラジヲを聴きながら時速6kmの速足で徘徊をする
今朝は、ラジオ関西の番組を楽しみながら歩いてきた
丁度、歌番組をやっていた
西田敏行の「もしも、ピアノが弾けたな」が流れてきた
「もしも ピアノが弾けたなら 小さな灯りを一つ点け君に 聴かせることだろう♪
人を愛した 喜びや 心が通わぬ悲しみや おさえきれない 情熱や♪
だけど ぼくにはピアノがない 君と夢みることもない 心はいつでも空まわり♪」
歌詞もメロディもなんて心に沁みるのだろう
歩きながら、涙が止まらない。サングラスを掛けていて良かった
汗をいっぱいかいていて良かったよ
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
キョウチクトウ
2019.06.06
夾竹桃と書く。赤や白の実に美しい花を咲かせる
間もなく満開の花盛りを迎える、地上4mの高さになる樹木である
日本人の98%は「有毒植物」であることを知っている
ただ、その毒は「花」にあるのか「樹液」にあるのか知ってい居る人となると
50%以下に下がるであろう
花、葉、枝、根、果実すべての部分と、周辺の土壌にも毒性がある
生木を燃した煙も毒。 腐葉土にしても1年間は毒性が残るため、腐葉土にする際にも注意を要する
朝のウォーキング・コースに多数の夾竹桃が植樹されている
早咲きの一枝を手折り、会社に持ち帰った
シャワーを浴びるため2階に上がる前に、スタッフに活けるよう頼んだ
その後、朝のアイスコーヒーとデザートの小さなパンを頂きながら
「さっき、活けて貰った花は何の花か分かるよね」と問うと
誰一人も答えることが出来ない。要するに全員2%組という訳だ!
有毒植物であることを説明すると、手をチョコレート塗れにした本森(仮名)の顔色が変わった
慌てて手を洗いに走る
夾竹桃は経口毒である。本森(仮名)女史に幸多かれ!
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
『アベンジャーズ/エンドゲーム』 2019.06.5


「阿部ジャーズ/総理のゲーム」では無くアベンジャーズを観て来たよ
3時間を超えるSFXの大作
ヒーローたちの数の多いこと、多いこと
出てくる味方は全~部アメリカンヒーローなんよね
まるで、自分のことを「アイドルでおます」と言っている「乃木坂なんたら」
「欅坂なんたら」「AKB]や「BCG]で名前と名前が分からん状態と同じ!
分かったヒーローは「キャプテン・アメリカ」「スパイダーマン」
「超人・ハルク」ぐらいやったよ
流石にヒーローぞろい。ベット・シーンはゼロ。軽いキスシーンは1回だけ
ヒーロー側に悪人はこれまたゼロ
前作も、前々作も見ていないので。ストーリーが呑み込めないところが多々あったものの
アクション娯楽作としては上出来かな?
出来ることなら中高生の時に見たかったよ
きっと、感動できただろうな
日米の関係が親密な今、アンパンマンとパーマンも出してやって欲しかったね
あっ!そういや「スーパーマン」は出ていなかったね
ヒーローたちがハミゴするんじゃねぇよ!!
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
海底撈火鍋
2019.06.4

海底撈とは「海の底に沈んでいるような底辺の人間も、努力次第で出世が出来る」
と言う、とてもお店の名前には相応しくない店に行ったよ
火鍋とは、「中国人の食文化において広く知られる辛味の強い鍋料理」である
元々、中国という国が苦手な小生。普段なら素通りをするところ
キャッチの若いお姉さんが可愛かったことと
通常、2,800円のコースが2人で2,800円と訊いて相方と相談の上、ふらふらと足を踏み入れた
店内は広く、明るく清潔。むしろ、明る過ぎるぐらいに明るい。おまけに全席禁煙
中国を旅した人はご存じだろうが、 中国人は無類の煙草好き
煙草の煙と汚れた場所が大の苦手な小生。環境だけではパラダイスであったんよ
とても広い三階建ての店内で働く人は全てが中国人
中国を旅した人はご存じだろうが、中国のお店に愛『愛想』と云う言葉はない
が、何と!この店の従業員は愛想の良いこと、サービスの良いこと・・・
最近の日本の店以上であるんよ
唯一の欠点が、辛い。余りにも辛い。何を食べても味が分からない
仕方がないのでビールを頼む。次々と頼む。もちろん、ビールは別料金
これって、中国側の戦略か( ^ω^)・・・
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
リセッシュ 除菌EX消臭ストロング
2019.06.3
友達の家でテレビを見ていると
コマーシャルで、衣服を着る前にリセッシュを噴霧すると
一日中、匂わないって言っていた
小生、体臭がきつい方でもないし、夏場は2回以上シャワーを浴びるんだけれど
そこは、ビジネスマンの性。試してみずにはいられない
同じ買うなら、より強力なものが良かろうと
数ある消臭スプレーの中から、選びに選び
「リセッシュ除菌EX消臭ストロング」とやらを購入した
詰め替え用も2パック、ドーンと大人買い
ストロングと書いてあるからには、効果も強力であろう
恒例の通販買いである。届いた商品のパッケージには
大きな文字で『尿臭・体臭・便臭』に効く!と書いてある
尿臭に便臭・・・・
購入の目的にこの二つを必要とはしていない
特に、特に『便臭』などはまだまだ早い
しかし、せっかく購入してしまったものを捨てるのも冥加に悪い
使ってみた。けっこう強烈な匂いがする
長期療養型病院の匂いと云おうか・・・セレマの匂いと云おうか
小生と会う機会のある方に申し上げる
もし、小生が臭ければ、それは「リセッシュ除菌EX消臭ストロング」の匂いである
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
嘘つきなはんなや!
2019.05.31
某外資系のテレビコマーシャルを病院の待合で見たんよ
何しろ、拙宅にはテレビジョンが無いからね
テレビジョンどころか、テレビを受信できる装置は一切ないからね
さて、その時に外資系の損害保険会社のコマーシャルが流れていてね
何処だったかな・・・「何かが臭い」違うな・・・
「おお臭い」だか「ああ臭い」だかそんな名前であったように思うよ
父親と息子が高級車で、星空を観に行くんよ
そこまでは、父子の愛情が画面からもひしひしと伝わって良かったんよ
ところがね、この息子、注意力が散漫でね
天体望遠 鏡だか、カメラだかの三脚で車を傷つけてしまうんよね
父親はにっこり笑って「気にするな」早速、保険会社に電話を掛けるんよね
保険のプロとして言うておく!
少々高い車でも、ドアの一か所に傷が入ったぐらいで、車両保険をつかったらアカンヨ
翌年の保険料アップに目を剥くことになるよ
まぁ、「ああ臭い」たらの保険会社のことはよう知らんけど
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
幸と採るか、不幸と採るか
2019.05.30
昔、不幸の手紙が流行った時代があったことは既に書いた
最近は、手紙ではなく📧mailを多用するらしい
それは突然やってきた「よこちゃん、鰻を食べに行こ!」
三十路も終盤の、スナックの美人ママからの
要請と云うか、お願いと云うか、強要と云うか
何にしても背筋に電流が走るmailであった
何故か!!!このママは、すこぶるいい女である
四十までは結婚を諦めていないので
四十になれば口説いて来なさいとのお言葉を賜っている
要するに、小生は第二バイオリンな訳だ
四十と云えば世間ではオバハ ンだが、
小生にとっては妙齢である
断り難い。しかし、先日、
「松葉ガニ」食べたばかりである
「紅ズワイガニ」ではなく「松葉ガニ」を食べた
当社のお客様には鰻屋さんもある。
しかも、老舗である
老舗であるので値段もそれなりだ。
多分、支払い時には手が震えるであろう
他の店には行けぬ。しかも99.9%の確立(約100%)の確率で
支払いは小生であろう
何も、ケチで言うのではない。
小生、自他ともに認める太っ腹である
腹囲、1mを切ったことがない
ただ、こんなに贅沢をして、
それを知った庶民が反乱を起こさぬかどうかが心配なのだ
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
英語の歌詞が分からない
2019.05.29
神戸の港の夜景は本当に美しい
絵にかいたような景色である
客船、コンチェルトも帰港してきた
一杯飲まずにはいられない
ウッドデッキに面したBarに入った
海に面した席で、トムコリンズを頼む
ポート・タワーにグラスを傾け、
「大好きな神戸の街にcheers」
スピーカーからは英語の歌が流れている
しかし、語学に堪能な小生にも意味が分からない
英語の歌詞が分からないのである
母国語が英語圏の女性に尋ねたことがある
普 通に歌詞を理解し、楽しんでいるらしい
BGMで流れる、ほとんどの曲が愛を歌っているらしい
小生は、リズムを楽しんでいるだけ・・・
しかも、右耳が聞こえないので左耳だけで
歌詞もリズムも楽しめる奴と、
リズムだけしか楽しめない小生
不公平ではないか!
せめて、リズム割引を実施して貰いたい
出来れば片耳割引も加算して貰いたい
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
ロマンチックが止まらない
2019.05.28
久し振りに夜の神戸港を散歩したよ
時刻は午後9時
神戸ハーバーランドのumieの
MOSAICウッドデッキには
涼を求める人が結構たくさん居たよ
中でも、群を抜いて多いのがカップル
露骨に露骨なカップルには
石を投げつけてやろうかと思ったけれど
ウッドデッキには石の欠片すらない。チクショー!
次いで、多いのが外国人。
アジア系であろうが欧米系であろうが
小生には直ぐに分かるんよ
何しろ、奴らは決して一人で歩かないからね
語学に堪能な小生。
喋っている言葉を聞いた途端に直ぐに分かる
「こりゃ、日本語じゃないなって」
一番、腹の立つのか可愛い外国人と
手を繋いでいる日本人の男
ブ男なら、経済学的な問題だと直ぐに理解できるが
男前が可愛い外国人と手でも繋いで居ようものなら
殺意が湧く
日本に警察組織があることを感謝するがよい
法律を改正して,
そんな奴らを神戸から追放すべきだと思う
日本維新の会さん、相談に乗って貰えないだろうか・・・
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
かに道楽
2019.05.27
久し振りの蟹
蟹と言っても、沢ガニやベニズワイガニじゃないよ
松葉ガニ!
庶民の皆さんには高嶺の花の松葉ガニ
本当は安い居酒屋での豪華なディナーを
計画していたのだけれど
あれよあれよという間に「かに道楽」へ
あれよあと言う間に
八寸から始まる様な「コース料理」の世界へ
震え慄きながら食べる「松葉ガニ」は美味しかった~
蟹味噌も美味しかった~
蟹の刺身も美味しかった~
少し離れた場所にある大きな水槽には、
蟹さんたちが楽しそうに集っている
奇麗な店内、広い座席、静かな音楽、
美味しい食事。美味しいお酒
蟹さんたちの楽しげな語らい
料理も佳境に入った頃、突如、板前さんが現れた!
静々と蟹さんたちの語らいの場へ向かう
いきなり大きなトングで蟹さんを三匹ボールへ移す
「あっ!蟹さんたちはペットじゃなかったんや」
調理場へと言う刑場に連れられてゆく蟹さんたち・・・
蟹さんたち、天国で幸せになってね
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
KAT-TUNの元メンバ-・田口淳之介容疑者
2019.05.24
絶好のブログネタを見つけたものの
KAT-TUNの読み方さえ知らなかった小生
カットツゥンって何?変な名前やな
ラジヲで聞いて初めてカツーゥンって読むことをした多次第だから
ワアワアと盛り上げることも知らない次第
まして、相方の小嶺麗奈容疑者なんて方も知らないし
最初は、「おぉ!年上女房か」ぐらいの感想しか抱けなかったぐらいだから
話題にするも何も・・・
もっと、芸能関係にも関心を持たなくっちゃなって深く反省した次第
昔はね、馬糞や堆肥に生える毒キノコの仲間で「ヒカゲシビレ茸」や
「ワライタケ」の仲間を適量食べて、
ラリッちゃうことも出来たのだけどね
今は、栽培はおろか、採取も所持も違法になっちゃったから
気を付けようね
話は戻って、小嶺麗奈容疑者ってなかなかいい女やね
大麻なんか吸わなくったっても、
観ているだけで飛んじゃいそうなのは
小生だけだろうか・・・・
あっ!変なキノコは食べてないよ。
変なキノコのシーズンにはまだちょっと早いよ
死ねるキノコなら、そこそこ生えているけどね
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
ハーレム
2019.05.23
日本イモリを五匹飼っていたんよね
もちろん、家の中の水槽でね
オスが1匹にメスが4匹。云わば、ハーレム状態
昔から、イモリの繁殖にはちょっと自信があるんよね
卵から孵化した幼生は、少年・少女まで育て上げてから
近所にある、大きな大きな公園の池に放してやるんよ
ある日、そのオスが1匹のメスと共に駆け落ちをしたんよね
手と手を取ってか、四つ足を絡めてかは知らないけれど
駆け落ちをしたことは事実
多すぎるメスは負担やったんやろうね
小生は、憧れるけどなぁ~
家中を捜しましたとも、幾日もね
でも、二匹とも見つからない
駆け落ちの末の自死・・・・
縁起の悪い言葉が頭に浮かぶ
残された3匹のメスどもは、食欲旺盛で全員デブ!
きっと、オスの目を気にしなくてもいいからやろうね
繁殖の見込みのないメスイモリども餌をやり続ける可哀そうな小生
来月には六甲山にオスのイモリを捜しに行こうと思う
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
死闘
2019.05.22
ウォーキングをしていると、いつも出合う面々が居る
今日はその内の一人をご紹介しよう
年のころは30台の小柄な男性。
黒縁の眼鏡を掛けている
頭には薄汚れたタオルを巻き、
ジョギングらしきものをしている
この男性、左肩がやたらに下がっている
障害ではなく、長年の仕事による
不自然な姿勢の影響とみた
以後、左肩下がりダダ下がりと呼ぼう
右肩は、ダダ上がりなわけだから彼の未来は、
多分、明るい
先ほど、ジョギングらしきものをしていると書いた
この、左肩下がりダダ下がり氏は少し走っては歩き、
歩いては 走るを繰り返す
歩くスピードは、かなり遅い。
ウォーキング中の小生と並んでしまう
左肩下がりダダ下がり氏は
小生に抜かされることが嫌なのか
小生の気配を察知するや後ろを確認し、
少しだけ走る
全コース5㎞を全てこの調子なのだ
だから、ジョギングとウォーキングの
双方のゴールタイムはほぼ同時
昨日も今朝も、小生と左肩下がりダダ下がり氏との「死闘」は続く
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
花時
2019.05.21
昨日から鼻血が止まらない
10年ぶりだろうか、20年ぶりだろうか
鼻血を出した記憶があまりない
若いころにエロ本を読んでも、
鼻血ブゥー!の経験すらない
もちろん、初めて本物を見ても鼻血を
出さないような強靭な鼻腔であった
それは帰宅後、ベッドの上で
仕事道具の荷解きをしている時に起こった
最初の感想は、下を向いて荷解きをしているときに
大きな鼻くそのようなものが転がり出、
掛布団のカバーの上にポトリ・・・
「あれ、何や何や!この大きな鼻くそは・・・」
しかし、たちまちにして布団カバーを赤く染め る
その後、出るわ出るわ。家人に助けを呼ぶ術もなく
鼻血は出続ける。ソフィーを捜したが手元には無く
取り敢えず、ティッシュペーパーを鼻の穴に詰め込む
ティッシュが真っ赤に染まる毎に詰め替えること一時間超
ようやく落ち着いてきたので、風呂に入ることにする
身体を洗い清め、国民の安寧を祈ったあたりで、出るわ出るわ
まぁ、洗い場なので、後ほど流せばよい。暫く、出るに任せてみた
身体を洗った後の洗い場は濡れている
鼻血がポトリ、またポトリ、またまたポトリ
それらが滲んで牡丹の花の様に美しい模様 になる
洗い場一面が、ボタンの花畑
見とれること20分。鼻血と呼ぶには余りに惜しい
今後、この芸術作品を「花時」と呼ぶことにしよう
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
動悸の動機
2019.05.20
最近、動悸が激しいんよね
原因を色々と考えてみた。
要するに動悸の動機を調べてい見たんよ
年齢的なものなのか・・・それは無いと思いたい
仕事に追い詰められている・・・多少なりとも可能性はある
犯罪を犯した・・・そんな根性があるなら、
そもそもドキドキなどしない
恋をしている・・・何年も前にそんな感情は捨てた
借金に追われている・・・個人の借金は住宅ローンだけだ
こう考えてみると、やはり、動悸の動機は仕事かも知れない
動悸・息切れで有名な薬「救心」でも飲むとするか
価格を調べてみた。30錠で3 ,000円を超える
いかん!値段を調べただけで動悸が激しくなってきた
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
ネギタマ抜き
2019.05.17
別に、ネギを抜いた作業後に玉を抜く訳ではない
そんなことをされれば、死ぬか、オカマになっちゃうわよ。オホホホ
牛丼チェーン業界では当然の隠語なのである
少なくとも近畿地方では・・・否、兵庫県では・・・
否、神戸市と明石市では絶対なのである
「ネギタマ抜き」と業界人らしく呼ぶ場合もあれば
ぶっきらぼうに「ネギ抜き」と男らしく言う場合もある
今日の午前11時21分の事、神戸市内にある「すき家」で
持ち帰り用の牛丼弁当を頼んだ
いわゆる、ドライブ・スルーである
本来、つゆだ くを頼みたかったが「ネギ抜き」も言わねばならず
優しさを出し、マイクに向かい「牛丼大盛ネギ抜き」とだけ告げた
店舗からはオバちゃんの声で「牛丼大盛、ネギ抜きお一つで宜しいですか?」の返答
料金を支払い、事務所に戻り正午と同時に牛丼を取り出す
持ち帰り用、容器のフタには「汁抜き」の表示ペタリ
玉ねぎはたっぷり入っていたが、見事なまでに汁は無い
牛丼の下は砂漠。からからに乾いた60を超えたオールド・ミス状態
金返せ~~~
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
本家六三四
2019.05.16
新開地にある「かつ丼」屋だ
何と読むかは知らない。「ミムヤ?」「サンロク屋」
三六のカブにオイチョ。新開地だけに
「オイチョカブのカツ丼屋」
まさかね、いくら新開地でもそこまでは・・・・あり得るな
神戸あんかけかつ丼を注文したよ
メニューに神戸って付いているからね
850円也、ネギ抜きを頼んだんだけど
注文を聞きに来た女性が、
可愛いけれど不愛想な若い外国人
まぁ、若くて可愛い段階で不愛想は帳消し!
問題なのはネギ抜きという依頼を理解してくれたのか・・・・
神戸あんかけか つ丼が届くまで、
スリリングなひと時を過ごした
英語で「NO!OUT OF NEGI」と
伝えようかとも考えたが
ここは新開地、周り人々の反発を覚えても何だから
日本語で伝えた訳。結果オーライ
ネギ抜きのホカホカの神戸あんかけかつ丼が届いたよ
量が凄いの!しかも美味しい。
さすが、新開地。新開地万歳
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
神戸屋
2019.05.15
小生は、小さな男ではない
肝もでかい、腹もでかい、態度もでかい
唯一、小さいところを指摘すればアレぐらいなものだ
だが、どうしても引っかかっていることがある
それは、東大阪市に本社を置くパンの「神戸屋」である
神戸市内にまで店を出しているのだから
驚き桃の木山椒の木
神戸でも、こうべでも、コウベでも、
KOBEでもない東大阪市にあるパン屋である
どうしても許せない。
別に東大阪市が悪いと言っているわけではない
ラグビーの街、東大阪市も好きだ
神戸屋の沿革を調べても神戸市とは縁も所縁も無い
そりゃ、神戸観光には来たかもしれぬ
パンの消費量日本一の神戸には当然、
視察には来たことであろう
ドンクのサンドイッチも、イスズベーカリーのトレロンも
フロインドリーヴの食パンもカスカードのカスクートにも
驚嘆したであろう
ただ、「神戸屋」の店名は止めて頂きたい
神戸市民ですら勘違いをする
せめて、「中河内屋」に改名をして貰えないだろう

前にも少し触れたが、気にしないでね。
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
iMee
2019.05.14
時々、会社での昼食にカップ麺+コンビニのおにぎり1個を
食べていた
でもね、炭水化物×炭水化物で、
あまりおりこうさんな食べ方じゃないよね
で、炭水化物vs.炭水化物のお昼ご飯は
週に一度までと決めたんよ
で、今日はその日って訳セブンイレブンの
「鶏ハラミおにぎり」に
自宅倉庫に眠っていた、
タイ国のカップ麺、その名は多分「iMee]
意味なんて知らない。タイのグリーンカレー・ラーメン
バジルの匂いが強烈で、兎に角辛い
その他の香辛料も強烈なことこの上なし
おにぎり一個じゃ、とてもスープを全部飲み切れない
これは、タイvs.日本の戦いである
これぐら い辛いと、
このカップ麺が20年前の物でもわからない
そこはお、大いに助かった
小生の知る限り、タイ人の女性は愛想良く勤勉だ
それに比べ、タイ人の男は日がな一日
、昼寝をしているイメージがある
怠惰なタイ男vs.大和男子
断じて、負けるわけにはいかぬ
極辛のスープを最後の一滴迄飲み干した
タイ人の小柄で笑顔の素敵な女性に褒めてもらいたい
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
メーテルが好き
2019.05.13
日本陸上界100mの駆けっこで、
新たな記録が生まれたね
何と!9秒99。約10秒というから凄いよね
まさか、「銀河鉄道999」で受けようと
思った訳では無いと思うが
ひょっとしたら、ひょっとするかもね・・・・
若き頃、小生の100m駆けっこの記録が、
柱時計で測ったところ約14秒だったんよ
それと比べても凄さが分かるよね
最も、驚いたのがその名前、
サニー・ブラウン君だと思っていたら
何と、アブデル・ハキーム・サニブラウンが本名らしいよ
アブデル・ハキームが名前で、サニブラウンが姓
長いね 。彼の足なら姓名を呼ばれている間に
20mは走れそうやね
まぁ、何にしても一等賞おめでとう
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
超・学割
2019.05.10
小生が未だ「紅顔の美少年」であったころ、
「不幸の手紙」が流行ったことがある
不幸の手紙とは、「この手紙と同じ文章で、
あなたの友人○人(人数は不定)に出さないと不幸になります」
というスタイルで送られてくる、
悪意のある手紙のことである。
昨日、そして今日と二日連続、本物の不幸の手紙が届いた
一通目が「明石税務署」からである。
当社は神戸市内にあるにもかかわらず「明石税務署」からである
何やら「消費税」とやらを払えという。
当社にとってみれば気が遠くなるような数字が書いてある
今日届いたのが「神戸市行財政局」からの
不幸の手紙であった
「軽自動車税」を払えという。
こちらの内容はまだしも可愛い
平成から令和に時代は変わっても、税務署というのは、
不幸の手紙を出し続けているのだろう
行政機関に告ぐ、無駄遣いは止め、
本当に必要な物だけに税収を活用してくれないだろうか
支払い期限をカレンダーに書き込み、
恐怖に怯える日々が続く
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
超・学割
2019.05.09
連休の後半に、学生と映画に行った
言うまでも無いが男子学生である。
しかも、身内である
彼(か)の映画館、二本立てで、
普段学生料金は1,000円なのである
思いっきり安い映画館なのである
それが、何と「超・学割」で500円だとのこと
学生二人を連れて行ったので二人で1,000円
二本立ての為、1本あたり250円で映画館で
映画が見られちゃうのだ
その映画館の名は、「シネマ神戸」少し、
ガラの宜しくない場所にはあるか
映画館の名に「神戸」の二文字があるのも
素敵じゃないか
しかも、この映画館、客を映画泥棒扱いする
不愉快なコマーシャルどころか
一切のコマーシャルを流さない。
流れるのは映画の予告編のみなのである
浮いた、1,000円でおつまみを買った
ポケットにはウヰスキーの小瓶を忍ばせてある
良い一日であった
唯、残念なことが一つ。
ウヰスキーを飲み過ぎて途中、うっかり寝てしまい
映画の筋があやふやになったことだ
まぁ、これも良き休日であろう
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
神様からのご褒美
2019.05.08
決して、暇だからではなく
地域住民としての意識が高いゆえに
家の周りの雑草取りを行った
45リッターのゴミ袋一杯の雑草の処分後、
公共の物である溝の掃除もした
まさに、社会人の鏡と言っても良かろう
溝の泥を掻き出すこと30分、カニを発見
こんな処にカニ???
地理的に考えて、沢ガニしか考えられない
普段は清流に住む沢ガニが何故、我が家横の溝に???
これは、掃除の神様からのご褒美に違いない
昔は、六甲山の清流遊びをした際に素揚げで美味しく頂いたものだ
今 回は、発見した場所も場所なので
綺麗に洗い、イモリやスジエビやハゼや
アブラハヤの暮す水槽で飼うことにした
翌日、美しくも賑やかな水槽でカニは脱皮をしていた
よく観察をしてみると、沢ガニではなく「モクズガニ」ではないか!
昔、京都の美山で川遊びをした際に罠を仕掛け
大量のモクズガニで蟹汁を作り美味しく頂いたものだ
でも、最早、我が家の一員になったのだから食べない
少なくとも、当分は食べない
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
晴れと雨傘と私
2019.05.07
休みの間も毎日5㎞は歩いていたよ
他にすることも無いんでね
ただ、自宅の近所は矢鱈と坂が多いんよね。
もう、ヘトヘト!
その点、会社近辺は平坦な道の連続で
久し振りの会社近辺のウォーキングを楽しみに出社した訳さ
8時過ぎに会社に着き、
さて、歩く準備に掛かろうとしたが
鍵がない。会社に入れない。
次に来る予定の社員の到着まで
40分以上も待たなければならない。
待てば歩く気力も失せるであろう
仕方がないので、有り合わせの装備で歩くことにした
幸なことにスポーツドリンクは用意してきた
但し、スポーツドリンクホルダーは無い
スポーツドリンクは手で持つことにする
日傘がない。仕方がないので白地に黒の、
和風だけど派手な雨傘をさす
運動靴がない。通勤はいつもサンダルだ!
覚悟を決めた。サンダルで歩く
快晴の立夏の朝、雨傘をさした、
サンダル履きのおっさんが水筒片手に
汗だくになりながら必死の面持ちで徘徊する
よくも、通報されずに済んだものだ
波乱な連休明けになってしまった
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。